女性自身も知らない性感帯の基礎知識

女性の体のことは女性が一番よく知っている。確かに間違いではありませんが、もしかしたら女性も知らない女性の体の不思議がいくつもあるかもしれませんよ。今回お話するのは、女性の性感帯に関する基礎知識です。知っているようで知らなかった秘密が明かされていくかもしれません。

◆女性の性感帯はどこ?

一般的に言われているのは乳首やクリトリス、膣内ですね。ところが、男性と実際に体を重ねあうことで、自分の性感帯を新たに発見したという話も聞こえてきます。世間一般的に言われている性感帯はあまり感じない、という女性もいるようなので、性感帯は徐々に開拓していくことで自分が一番快楽を得る場所を知ることができるようです。不感症とまでは言わないまでも、ちょっと感じにくいかもしれない、という女性は性感帯を見つけるのが難しいと言われています。

◆自分はクリトリス派? それとも膣派?

自分の性感帯として挙げる女性が多いクリトリスと膣。実際どちらが大きい快感を得ることができるのか、これは極端に意見が分かれるようですね。クリトリスが性感帯と答える女性は、男性に優しくいじられるだけで強い快楽を得ることができると答えます。もちろん敏感な部位なので強引にいじられてしまうと痛みを伴います。そういった経験が過去にある女性は、クリトリスをいじられることに少し抵抗が生まれてしまうのだとか。

年齢を重ねるごとに変化するという話も聞こえてきました。結婚前はクリトリス派だったけれど、出産を経験したことでクリトリスよりも膣のほうが感じやすくなったという女性の声もあるみたいですね。強い快感を得るために性感帯を積極的に攻めたほうがいいのでしょうけれど、女性の体は神秘的な部分があるので、性感帯が色々変わる可能性があるということを覚えておいたほうがよさそうです。

◆Gスポットや潮吹きは都市伝説なの?

それはアダルトビデオの中の話でしょ? と思われがちですが、これは男性の愛撫次第で女性の体に変化が起こる状態なので、都市伝説ではありません。医学的に存在が認められていないものの、Gスポットを刺激すると潮を吹くことは、まぎれもない事実です。もちろん、女性の体には個人差がありますから、一概に「必ず」とは言いがたいため都市伝説と言われているんですね。

簡単に説明をすると、女性を仰向けに寝せて膣内に指を入れたとき、4~5センチあたりで指腹があたる部分にGスポットがあると言われています。他の膣壁と違うのは、その部分に少しだけふっくらとしてふくらみを感じることができるそうです。女性器は強い刺激によって痛みを伴いますので、ゆっくりと優しく円を描くようにしたり、指腹で優しく押すようにするとGスポットが刺激されて潮を吹くという現象がおこると言われています。

女性の性感帯は人それぞれ違います。ここが性感帯って聞いたのに感じないの? 気持ちよくないの? なんて男性から女性に問いただすようなことだけは絶対にNGです。性感帯を二人で探しながら体を重ねあうことで、その女性だけにある性感帯を見つけることができるはずです。耳、背中、脇の下、指、ヘソなど、優しく愛撫しながら性感帯を開拓していきましょう。