隠れた名器!性器の盛り上がりは誇らしい

性器の恥骨部分が盛り上がっていることを気にする女性がいますが、実は悩むような特徴ではなく、むしろ誇って良い特性です。というのも、恥骨に盛り上がるがあることは通称「ドテダカ」と呼ばれる名器の条件だからです。ドテダカが名器である所以は何なのか、そもそもドテダカとは何かを知り、女性器についての理解を一つ深めてみてはいかがでしょうか。

恥骨の丘は名器の証

「ドテ」とは女性器の恥骨のことで、ここが男性器のように前方に盛り上がっているものを「ドテダカ」と呼びます。所謂「モリマン」などと同じタイプの性器で、逆に盛り上がりがないものは「貧マン」と呼んだりもします。夏の海などで水着になると、普通の人よりも膨らんでいるのが分かりますので、恥ずかしいと思われる女性も多いですが、実は「ドテダカ」は名器の証であり、むしろ自慢にして良いことです。なぜ良いかという理由は未だに判明していませんが、多くの男性達による体験談が通常よりも快楽が強いことを証明しており、名器であるのは間違いありません。

ドテダカの良さとは?

では、具体的には何が気持ち良いのでしょうか。愛撫では全くと言っていいほど違いが分からず、普通の膣と何ら変わりない印象を受けるそうですが、騎乗位、正常位になった途端に歴然とした差を感じることが出来ます。とにかく密着度が段違いで、挿入したペニスを絶えず締め付けるので、我慢する余裕を与えません。入れた時に男根を深く包み込むようになっており、大抵の男性は5分と持たないでしょう。

名器であることの悩み

しかし幾ら気持ち良くて素晴らしいと言ってもあくまで男性側から見た場合の話で、下着や水着姿になった際に膨らんで見えるというのは女性にしてみれば、やはりコンプレックスに感じる特徴です。さらにあまりにも気持ち良すぎると短時間で男の方が射精してしまうため、女の人は性交が終わるまでに満足な快感を得られないことも少なくありません。ですので男性は自分の彼女が名器だとしても決して周りに言わないよう心がけると共に、セックス時は快感に長く耐えられるように、バイアグラを服用するなどして、パートナーをオーガズムに導けるよう努めましょう。

通常の女性器とは比べ物にならない密着度を誇り、男性をあっという間にいかせてしまう「ドテダカ」ですが、女性にとっては時に悩みの種となります。セックスで相手を気持ち良くさせられることは、本来自慢して良いメリットなのですが、色々な理由から女の人はデメリットに感じてしまいがちですので、正しい知識を得て前向きに捉えられるようになりましょう。男の人は彼女に気を配り、ベッドの上では満足させてあげるだけでなく、名器を肯定出来るよう愛の言葉をかけることが大切です。

Copyright© 未知なる女性器への探求!~男も女も知らない豆知識