女性器を優しく愛撫するテクニック

愛撫のテクニックはどうやって身につけていきますか? 実践あるのみ、確かにそうかもしれません。女性一人ひとり感じ方も違いますから、女性が一番気持ちいいと思うツボを開拓していきましょう。開拓する、という男性の気持ちの余裕は女性に安心感を与えます。

◆ビデオを真似するだけではダメ

アダルトビデオをお手本にすればOK、と解釈している男性も多いようですが、ビデオの中の女優さんは多少なりとも演技をしています。そのため、男優さんのテクニックがすべての女性に共通するイカせ方と勘違いしてしまうようですが、女性一人ひとり感じ方は違う、イキ方は違うと覚えておいてくださいね。

ビデオの男優さんどおりにやってるのに反応がイマイチ、どうして反応が鈍いのだろうと思っても、目の前の女性は女優さんではありません。もちろん、ビデオの内容がすべてNGというわけではなく、女優さんを扱う男優さんの中には、「女性の性器はとても敏感なので、常に指先を清潔にして、爪もきれいに整えている」という方もいます。男性が思っているよりデリケートなんですよ。

◆女性産婦人科医がお勧めする愛撫の仕方を伝授

デリケートゾーンを乱暴にいじってしまうと、女性は感じるどころか痛がってしまいます。せっかく気分が高揚してきたはずなのに、痛みを感じてしまえば途端に女性のテンションは下がってしまうでしょう。セックスに対する拒否反応が出てしまう可能性もあるので注意が必要です。ここでは、女性産婦人科医がお勧めするクリトリスの愛撫の仕方を伝授していきます。参考にしてみてくださいね。

・乾いた状態の女性器をこすると、女性は激しい痛みを感じてしまうようです。簡単に傷ついてしまいますし、一度傷つけばその痛みが原因でセックスそのものを拒否されてしまう可能性があります。乾いた指と乾いた女性器の摩擦は絶対にNGです。初めのうちは下着の上から優しく愛撫しましょう。

・濡れてきたことが分かってから、初めて下着を外します。先へ先へと焦る男性も多いですが、心も体も満たされるセックスの為に男性の欲望だけを押し付けてはダメです。愛撫の途中で女性がイキそうな様子だったとき、つい焦る気持ちが先走って、愛撫する手の動きを早める男性もいますが、これは逆効果といわれています。そのままのリズムで刺激し続けることで、女性はオーガズムに達すると覚えておきましょう。また次もこの人に抱かれたい、と思われるような時間を過ごせたら嬉しいですね。

・知識やテクニックは分かったけれど、実は男性自身に悩みがあるという場合、早めに解決することをお勧めします。受診することは恥ずかしいことではありません。専門機関を受診するとバイアグラを処方してもらえるので、早めに受診しましょう。泌尿器科や内科、心療内科などでも診察してもらえます。体調によってバイアグラの服用が適さない場合もあるので、素人判断で色々試すのはNGです。

女性器の秘密を知るたびに、その神秘さにビックリするとともに、さらに女性を愛しいと思うものです。女性器はガラス細工よりも傷つきやすく繊細です。間違った知識で女性の心と体を傷つけないよう、正しい知識で愛し合ってくださいね。