女性器全体はこう攻めろ

女性を快楽におぼれさせるためのテクニックは色々あります。今回ご紹介するのは、女性器への刺激の仕方です。女性器をどのように刺激すれば女性は感じてくれるのか、男性なら誰もが知りたい豆知識をご紹介します。

◆女性器の基礎知識

女性の体を正面から見て、女性性器のふっくらしている部分を「恥丘」と言います。そして陰核とはクリトリスのことで、そのクリトリスを覆っているのが陰核包皮と言います。そのクリトリスの下には尿道口が、その下には膣口があります。尿道口と膣口を覆うっている内側の飛騨が小陰唇と言い、陰核包皮、陰核、尿道口、膣口、小陰唇、これらすべての外側にあるのが大陰唇と言います。女性器と肛門の間にあるのが会陰です。

◆恥丘を愛撫するなら

手のひら全体でやさしく包み込むように撫でてください。皮膚がとても繊細な部位なので、刺激が激しすぎると女性は痛みを感じてしまいます。性的興奮に集中させるためのテクニックです。実は女性の中には、恥丘にローターを当てられると気持ちいいと感じる方もいるみたいですよ。

◆大陰唇を愛撫するなら

女性器を刺激するときにすぐにクリトリスを触る男性が多いようですが、じっくり焦らす意味でも大陰唇を舌を使って愛撫することからはじめてみてください。少し舌に力を入れて舌全体で大陰唇を押しながら愛撫しましょう。このじらしは、女性が大きく快楽を得るための準備段階と言えるのです。

◆小陰唇を愛撫するなら

女性の性感帯はクリトリスや膣だけではありません。小陰唇もじっくり愛撫してあげましょう。大陰唇とは違い、今度は舌先でゆっくり上下しながら愛撫を繰り返してください。指先で優しく小陰唇を開きながら愛撫された女性は、羞恥心も刺激されて快楽におぼれていくことでしょう。

◆会陰を愛撫するなら

実は会陰は、女性の興奮度が一気に高まる部位と言われているのです。舌で刺激するのはもちろんのこと、優しくフーっと息を吹きかけるのもOKです。舌先でツンツンと押してみるのも強い刺激になって女性の興奮度がアップしていきます。

◆もしもEDで悩んでいるなら

ここまで女性器に関するお話をしてきましたが、実は現代病ともいえるEDで悩んでいる男性は少なくないようです。おそらくストレスが大きな要因になっているだろうと言われています。せっかく女性器のツボがわかったのにこれでは、と諦める必要はありません。なぜならば、専門機関を受診すればEDの症状は改善されるからなんです。バイアグラというお薬をご存知でしょうか。専門機関を受診すれば、その症状に合ったお薬を処方してもらえます。お薬を飲めば、男としての自信を取り戻すことができるのです。大切なパートナーと愛を深め合うことができるセックスライフをぜひ取り戻してくださいね。

男性一人ひとり性感帯が違うように、女性も感じる部位は個人差があります。しかし、女性器に関してはおそらくほとんどの女性に共通しているのではないか、と言われています。女性の反応を見ながら、どうされるのが気持ちいいのか時間をかけて優しく愛撫してあげてくださいね。これまで開発されていなかった女性の性感帯が発見できるかもしれません。