女性器専用の石鹸があるってホント?

デリケートゾーンのお手入れは、実はフィエスケアと同じぐらい気を使うべきことなんですね。デリケートな部位だからデリケートゾーンなわけです。これまで「ただ洗えば良い」と考えていた女性たちにしてみれば、これからお話する内容を知れば「もっと早く気づきたかった」「知りたかった」と嘆くかもしれません。

◆市販のデリケートゾーン専用石鹸はどんなものがオススメ?

女性器はデリケートゾーンと呼ばれていることからも分かるように、とてもデリケートな部位です。お手入れも通常のボディソープで洗うことはオススメできません。刺激が強すぎるからです。一度デリケートゾーン専用の石鹸を使うと、ボディソープでデリケートゾーンを洗っていたことがいかに無謀なことだったのか体感するはずです。もちろん、デリケートゾーン専用の石鹸でも色んなタイプがありますから、その中から刺激が少なく、なおかつ汚れをしっかり落としてくれるものを選ぶ必要があります。とにかくお肌に優しいものを選ぶことを心がけてください。洗うたびにしみるようなタイプは絶対にダメですよ。

◆オススメの商品をご紹介

天然素材やオーガニックにこだわった商品には間違いがありません。あとは好みで選んでいくのですが、日本人女性のデリケートゾーンに合うタイプの石鹸として人気があるのはアムールモアという固形石鹸です。100%天然オイルを使用していて、天然オリーブオイル、天然ホホバオイル、天然パームオイル、天然ココナツオイル、これらが含まれています。もちろん、着色料や合成香料は一切使われていません。お値段は1個当たり2,700円ぐらいなので、通常のボディソープと比較すれば高く感じるかもしれませんが、安い代わりに品質に問題があるような製品は怖くて使えませんからね。

◆殺菌したいからと言って薬用石鹸はダメ!

ニオイの元がバイキンだったり、病気になるのもバイキンガ原因なら殺菌すればいい! という安易な考え方から、薬用の手洗い石鹸を使ってデリケートゾーンを洗ってしまう女性もいるみたいです。もちろん、これは大きなトラブルを招いてしまいます。なぜならば、薬用は殺菌力が非常に強いからなんです。手洗いにはもちろん効果的ですが、デリケートゾーンにはとても刺激が強すぎます。それどころか危険と言ってもいいぐらいです。必ず肌荒れをおこします。デリケートゾーンが肌荒れを起こすと、その痛みからトイレにいくのがイヤになってしまう可能性が高くなるのです。専用の石鹸なら悪い菌だけを退治してくれるのに対して、殺菌効果の高い薬用は自浄作用のある良い菌まで退治してしまうのです。これではなにもガードがなくなってしまったデリケートゾーンが肌荒れを起こしたい性病を発生してしまう可能性が高くなってしまいます。細菌性膣炎などの病気を発生する確率が高くなるので薬用石鹸を使うことは絶対にやめてくださいね。

お肌のお手入れは気にするのにデリケートゾーンのお手入れは気にしない、という日本人が多いといわれていることはショックですね。外国の女性たちをお手本にして、専用の石鹸を購入して日々デリケートゾーンのケアを続けていきましょう。