クンニリングスに役立つ知識?アソコの味は日々変わる

男性がフェラチオで気持ちよくなるのと同じく、女性も上手なクンニリングスはペニスの挿入にまさるとも劣らない快感を得ることができるそうです。ただ、やはり男女関わらず性器に口や舌で触れるのは抵抗があるでしょう。

くわえて、舐めたときの味が苦手だとかなり苦痛に感じるはずです。好きなひとを喜ばせてあげたいけど味がダメでできないという方は、日を改めるといいかもしれません。なぜなら女性器の味は毎日違うと言われているからです。

セックスを楽しむためにはオーラルセックスが不可欠?

刺激に反応して出てくる愛液やカウパー腺液などは、口にふくむことをためらわせるような味をしています。おかげでオーラルセックスが苦手な人も少なくありません。

しかし、やはり前戯をしっかりとこなさないと、いざ本番となったときに興奮度合いが不十分で、オーガズムに達せなくなってしまいます。また十分に膣をぬらしていないために、スムーズに挿入できないかもしれません。

つまりクンニリングスは充実したセックスライフを送るためにはとても大切なこと。ですから女性のアソコの味が苦手という人は、自分が耐えられるように、なるべく女性器の味がいい日を選べるようになりましょう。

女性の状態によって性器の味は日々変わっている!?

「日によって性器の味が変わるものなのか」と疑問に思われるかもしれませんが、実は女性器の味は生理の周期などの関係で変わります。なぜなら性器のにおいや味には、膣に存在している乳酸菌が関係しているからです。

基本的には、生理が近づくにつれて乳酸菌の動きが活発になり、味が酸っぱくなる傾向にあります。逆に生理直後は乳酸菌の動きが落ち着き、グリコーゲンの甘さが強くなるので、性器の味は比較的受け入れられるものになるそうです。

つまりクンニリングスをおこなうのなら、できるだけ生理がおこってからすぐにした方が望ましいと言えるでしょう。ですから、普段の会話でさりげなく質問して、彼女の生理周期を把握しておくようにするといいかもしれません。

あまりにも味やにおいが変な場合は性病の可能性も!

上記のことに気をつければ、いくらかは抵抗感もなくなり、スムーズにおこなえるようになるはずです。ただ、生理の周期に関係なくにおいがきつい女性もおり、あまりにも強烈な場合は性病にかかっている可能性もあります。

ただ、もし「いくらなんでも異常だ」と思えるほどくさかったとしても、ストレートに言うと相手を傷つけてしまいます。ですから伝えるときは、それとなく女性の身を心配するようなオブラートに包んだ言い方をこころがけましょう。

そして舐めてしまった場合は、自分にもばい菌が移っている可能性があるので、一緒に病院で診察してもらうといいかもしれません。オーラルセックスは衛生面で不安がある行為なので、用心するに越したことはないでしょう。

Copyright© 未知なる女性器への探求!~男も女も知らない豆知識