唇は性器ほどに物を言う?

「性格は顔に出る」と言いますが、どうやら表れるのは性格だけではないようで、女性は唇の特徴から性器のサイズが分かるそうです。信じられない話ですが「唇は性器の擬態である」という動物学者の言葉もあり、全くの嘘という訳でもありません。性交に発展する前に性器の形が分かれば、相性の悪い相手と付き合う心配もないでしょう。自分にぴったりのパートナーを見つけるためにも、顔からどんな性器か読み取れる術を身につけてみてはいかがでしょうか。

◆唇から性器の形が分かる

女性器の形を知るのには口を見れば良く、唇の上と下の形で膣の様子がある程度分かるそうです。一説によると上唇は膣にある大きなヒダ、下唇はクリトリス近くにある小さなヒダの擬態で、形から挿入時の具合が予想出来ます。

例えば、上と下の唇が均等の太さになっている場合は膣がきつい傾向にあるそうで、口の端が上がっている人は膣が良く締まるそうです。また、色が赤いほど性的欲求が強いので、色の濃さは愛液の量や性器の感じ易さと比例していると考えて良いでしょう。

◆唇は性器の替わり?

実は口が性器と関係しているのは、人間の目線の高さが関係しているそうです。猿から進化した人は二足の足で立つようになったことで、普段の目線が性器の高さではなくなったため、替わりにセックスアピールを感じられるパーツが必要となりました。結果、おっぱいや唇といった性的魅力を感じる部位が作られ、男性が自分に合った女性を見つけるための役割を果たしているという訳です。

ですので、もしかすると自分が魅力的に感じる唇は、無意識に本能がセックスの相性が良いと反応しているのかもしれません。ぼってりとした形、薄くほのかなピンク色、人によってどのような口にセクシーさを感じるかは違いますし、挿入時に気持ち良い性器も異なります。つまり、男性は自身が色っぽいと感じ興奮する唇を選ぶことで、最高にセックスの相性が良い相手と巡り会うことが出来るでしょう。

唇は二本の足で歩くようになった人間が、性器の替わりにセックスアピールするために形を進化させたために、色や形から相性が良いかを見極めることが出来ます。ですので男性は異性とお近づきになる際には口に注目し、自分が最も興奮する唇の持ち主を探し、夜の営みでも相性抜群の相手を口説き落としましょう。また女性も意中の相手を射止めるために、日々女性器の感度を上げておくと共に、セクシーな唇に見えるよう化粧などを工夫してみてはいかがでしょうか。