女性の「イク」に種類があるってホント?

女性のオーガズムに種類があるなんて知ってましたか? おそらく多くの方は種類があることに気付いていないのではないでしょうか。種類があるからなんなの? などと言わずに、ここでお話する女性のオーガズムの種類について知っておいてください。いままで以上に二人のセックスライフが充実したものになりますよ。 意外と知られていなかった女性の「イク」について セックス中、快楽を感じているときに、その快楽が最高潮に達することで女性は「イク」ことを体感します。オーガズムと言われていますが、実はこのオーガズムに種類があることをご存知でしたか? 女性の反応に違いがあるので、男性でもその違いが分かると言われています。女性のオーガズムにはいくつか種類があることを知っておけば、男性のテクニックによって女性は快楽の虜になること間違いないでしょう。

クリトリスで「イク」

女性がはじめてオーガズムを感じる場所とも言われています。男性のペニスと同じで、性感帯が表面に見えた形で存在しているため、愛撫しやすいイコール感じやすい部位なんですね。クリトリスは快楽を得るためにだけある部位なので、愛撫し続けることで100%近くの女性がオーガズムに達するようです。女性の体の部位の中で一番感じやすい場所だから、激しく「イク」と思われがちですが、実は深くイクわけではないそうです。オーガズムに達したあとは確かにスッキリするという女性も多いですが、深くイッているわけではないんですね。クリトリスでイッたあとは、膣内が程よく充血しているので、本番前の愛撫として取りいれてみましょう。

軽い「イク」

これは男性器を膣内に挿入したときに感じるオーガズムの事を意味しています。Gスポットが刺激されることでイクわけですが、指で刺激した場合でもオーガズムに達することもあるようです。クリトリスのときと大きく違うのは、膣でオーガズムに達したときのほうが、脳内に分泌される快楽物質の量が明らかに多いところです。しかし、クリトリスとは違い、簡単にイクことができないのもGスポットを刺激する難しさとも言われています。Gスポットでオーガズムに達したい場合は、クリトリスも同時に刺激してあげましょう。何度か繰り返していくことで、女性の体は徐々にGスポットだけでイクようになるはずです。

深い「イク」

これは女性の膣の奥にあるポルチオ性感帯を刺激することで女性が味わえるオーガズムです。ただし、この性感帯は非常に奥にあるため指では届かないようです。男性器でもなかなか届かないと言われていて、場合によっては体位を工夫すると届くこともあるという話があります。女性が一度オーガズムに達すると膣口が下がることで、男性器がポルチオ性感帯に届きやすい環境になります。女性が失神寸前までイクこともあるようなので、色んな体位を試してみたり、じっくり女性の体を愛撫して準備を整えて試してみてはいかがでしょうか。

案外知られていない女性のオーガズムの種類についてお話しました。男性のテクニック次第で女性は何度でもイク、深くイクことがお分かりいただけたと思います。女性の体はデリケートですから、くれぐれも無理のない範囲でチャレンジしてみてくださいね。

Copyright© 未知なる女性器への探求!~男も女も知らない豆知識