女性器を優しく愛撫するテクニック

Gスポットの正しい知識を知っておくと、感じやすい部位が分かることで男性も女性もセックスの楽しみ方が増えて充実したセックスライフを送ることができます。都市伝説ともいわれているGスポットのヒミツを解き明かしていきましょう。

◆Gスポットって本当にあるの?

Gスポットなんて都市伝説だよ、という方もいれば、いえいえ実際にありますよという方もいるのでどちらが本当なのか気になりますね。アダルトビデオに出演経験のある、今は監督としても活躍中の女性は、Gスポットはあると力説しているのです。ご自身が言うのですから間違いないでしょう。Gスポットは、セックス中に女性が感じやすい部位として広く知られています。性感帯のひとつとして捉えると分かりやすいかもしれませんね。

◆Gスポットの位置を確認

人の見た目は千差万別、たくさんの個性があります。これと同じように、Gスポットは必ずこの位置にある!と限りませんが、おおよその位置はそれほど違いがありません。一般的にいわれている場所ですが、

・恥骨の裏側に当たる場所、膣壁の前側にある
・指でさすたっときにざらざらとした指ざわりがあるのが特徴
・女性の体をあおむけから少しだけ横に傾けた状態だと探しやすい
・女性によってGスポットの位置は違いがある

体を重ねあう時間にムードは大切です。あからさまに男性側がGスポットを探していることをアピールしたのでは雰囲気が台無しです。もちろん、女性の反応を見ながら探すことになりますので、女性を喜ばせることが疎かにならないように。

◆Gスポットの正しい愛撫の仕方とは

感じやすい部位なのだから、ただ弄ればいいというわけではありません。膣内はある程度濡れているから摩擦による刺激も少ないだろう、というのも間違いです。女性器は外部も内部も非常にデリケートな部位なので、Gスポットの位置が分かったからといって、強引に弄ることだけは絶対にやめましょう。

いきなりGスポットを弄るのもお勧めできません。女性は少しずつ気分が高揚するので、女性の様子を見ながら少しずつ刺激を与えることが大切です。最初に話した女優さんの話によると、やはり前戯からゆっくり愛撫することで女性の気持ちが高まり、感じやすいといわれる部位が徐々に敏感になってくるのだそうです。いきなり弄ると痛がりますが、前戯が十分だと少し触れただけでも感じやすいということを是非覚えておいてください。

Gスポットは指で優しく刺激をして、少しずつ力を加えながら女性の反応を見てください。感じ方も人それぞれですから、女性が「いい」と思う加減を探し出しましょう。実は女性にはGスポット派とクリトリス派がいるようで、割合は丁度半分ぐらいなのだとか。Gスポットを弄っているのに思いのほか反応が薄いという場合は、クリトリス派の可能性が大きいようです。

女性の体は本当に不思議なことがたくさんありますね。知れば知るほどパートナーを愛おしく思うのではないでしょうか。男性が、ただ自分の欲望のはけ口として女性と体を重ねているのか、それとも心の底から大事に思ってくれているのか、口に出さなくても男性の態度で女性はすべてに気付いているはずです。都市伝説ともいわれていたGスポットの不思議。女性に内緒で探すのもいいですし、二人で話し合いながら見つけていくのも楽しさ倍増かもしれません。