未知なる女性器への探求!~男も女も知らない豆知識

オナニーのし過ぎで色素沈着しやすい

女性器は、色素沈着しやすいものです。たとえば、オナニーのし過ぎは色素沈着の大きな原因となります。また、きつい下着を身に着けると摩擦によって色素沈着することがあります。思ったよりも性器が黒ずんでいるというのなら、オナニーのやり方を変えたり、下着を肌にやさしいものにしてみると効果が出るかもしれません。あまり刺激し過ぎないようにすることが美白への第一歩なのです。

◆オナニーのし過ぎが色素沈着に

セックスよりもオナニーが好き、という人は性器周辺の色素沈着に注意しましょう。性器周辺は薄い皮膚とデリケートな粘膜で作られているため、強い刺激は厳禁なのです。たとえば、オナニーはとても気持ちがいいことに違いありません。簡単に性欲を解消できる方法として、女性でも当たり前に行うものです。

しかし、やり過ぎてしまうと、性器周辺に大きなダメージを残します。その結果、皮膚が刺激から守ろうとして、防御反応が起き、メラニン色素を増やすことになるのです。色が黒ずんできた、皮膚の感触が変わってきたと感じるのなら、オナニーの仕方を変えるなどして対応してください。

あまりに強い刺激は、実際のセックスの快感を得られにくくする可能性もあります。何ごともほどほどに楽しむのが一番です。つい強い刺激がほしくなりますが、キリがありません。ましてや、自分自身が防御本能を発揮するぐらいの刺激の強さでは、困りものです。

◆きつい下着も色素沈着の原因

女性の下着、とりわけパンティーは小さめのサイズが多いですよね。ヒップのサイズの割には布の面積が異常に少ないものが主流になっています。しかし、下着によっては性器周辺を締め付ける形になって、結果的に色素沈着してしまうことも多いのです。特に、股の部分が自然由来の素材ではなく、ナイロンなどの化学繊維でできているものは注意してください。思わぬ刺激になって、色素沈着を促進してしまいます。

下着は、サイズに余裕があるものを選びましょう。セックスの前にだけ、かわいいものを着用すればムードを台無しにすることもありません。普段はあくまでも、実用的なものを選ぶほうがいいということです。セックスのときに色素沈着がひどくて引かれるのが嫌なら、普段はきちんとケアする方向で考えましょう。

◆美白を目指すのならできるだけ刺激を避ける

すでに色素沈着してしまっているのなら、できるだけ刺激を避けることで改善します。オナニーの仕方を変えたり、下着に気を配りましょう。また、入浴剤やローションで美白効果が高いものを使うという方法があります。直接塗るタイプのものは、低刺激性のものにすれば安心です。

すぐには効果が出ませんが、お手いれを続けていくうちに気にならなくなってくるでしょう。あきらめず、コツコツと続けてみてください。数ヵ月後から1年後には色素沈着も目立たず、きれいになっているはずです。

◆まとめ

オナニーのし過ぎやきつい下着などの理由で、性器周辺が色素沈着を起こしてしまう女性もいます。刺激が強いと、性器周辺がメラニン色素を増やしてトラブルから守ろうとするからです。美肌を目指すのならば、刺激を少なくするしかありません。また、美白効果のある入浴剤やローションを使うなどして、メラニン色素の排出を助けましょう。早く対応すれば、手遅れにならずに済むはずです。

© 未知なる女性器への探求!ト All rights Reserved.