ポルチオ性感帯ってなんのこと?

噂でしか聞いたことがないという男性もまだまだ多い「ポルチオ性感帯」について、せっかくですから女性器のいろいろを知る機会に、そのヒミツを紐解いていきませんか? 女性器の神秘に驚くと同時に、これまでと違ったセックスを堪能できることでしょう。

◆ポルチオ性感帯ってどこなの?

フレーズは聞いたことがあるけれど、女性器のどこの部分を意味するのかイマイチ分からないという男性がまだまだ多いようですね。ポルチオというのは元々医学用語として使われています。子宮の入り口部分を指すようです。子宮膣部といわれている部分を指します。指で触るとコリコリとして触り心地が特徴で、そこが女性の性感帯のひとつといわれているポルチオです。
以前は、ポルチオは性感帯ではないというのが一般的な考え方でした。ところが時代の流れとともに研究が進み、実はポルチオも性感帯のひとつであることが分かったのです。まさに、女性器は神秘なことが多くて驚きますね。

◆ポルチオ性感帯はこうすれば感じやすい

性感帯であることが分かったのなら、次はどうすれば快感を与えることができるのか知りたくなるのが男心というものです。クリトリスのように敏感な部位ではないものの、振動を与えることで徐々に快感が増していくといわれています。じっくり時間をかけて振動を与えていくといいでしょう。少しずつ敏感になり感じやすい部位なので、男性の腕の見せ所ではないでしょうか。
せっかくポルチオについて分かったのに、最近めっきりご無沙汰で悩んでいるという場合、次の休日を利用して専門機関で診察を受けてくださいね。内科や泌尿器科で受診できるので「バイアグラを処方してもらうために病院に行くのは人目が気になる」という方でも心配はいりません。様々な体調の不調で診察している方が多いので、おそらく病院にいる方は自分のことで精一杯なはずです。他の患者さんのことは気にしていませんので、安心して受診してください。

◆ちなみにGスポットの名まえの由来は

女性の性感帯といえばGスポットもありますね。Gスポットという名前は、Gスポットを発見したお医者さんによって名づけられました。ところが、女性なら誰もがGスポットと呼ばれる部分はあるものの、必ず感じる場所とは言い切れないそうです。なぜならば、膣前部分の壁に厚みがあると、Gスポットを刺激しても性感帯として感じる部位に刺激が届かないことがあるためです。同じように愛撫しても、女性によっては感じる人と感じにくい人がいるというわけです。
ですからGスポットに強くこだわる必要はないでしょう。女性一人ひとり性感帯は違いがありますから、それを二人で開拓していくのも楽しいかもしれませんね。
男性器にも色々あるように、女性器にも一人ひとり個性があるということですね。前に付き合っていた女性はこうだったのに、どうして今の彼女は違うんだろう、と不思議に思う方もいるようですが、それは当たり前のことなのです。これまで知らなかったポルチオ性感帯も、女性によって感じやすい人と感じにくい人がいるということ、感じる場合でも時間をかけて愛撫することが必要ということを覚えておいてくださいね。