女性器の正しい洗い方を伝授します

毎日しっかり洗っているのに、なぜか臭いが気になってしまう、洗えば洗うほど時には痛みも伴うし困っている、実は日本人女性にこうした悩みを抱えている人は非常に多いみたいですね。女性器はとてもデリケートです。このままお手入れに無頓着なままだと、場合によっては病気を発症してしまう可能性もありますよ。

◆日本人は女性器のお手入れに無頓着?

日本人は神経質で清潔好き、というイメージがありますが、実は女性器のお手入れに関しては海外のほうが一枚も二枚も上手みたいですよ。女性器専用の石鹸があることをご存知でしたか? いまでこそ日本でも少しずつ認知度が高まってきましたが、海外の女性にしてみると「え?ボディーソープでデリケートゾーンを洗ってるの? 信じられない!」と驚くそうです。もしかしたら私のお手入れ法は間違っているのかしら、という女性にこそ知っておいてもらいたい女性器のお手入れに関するお話をご紹介します。

◆女性器を洗うのはどのぐらいの頻度がオススメ?

当たり前のことですが、もちろん毎日洗う必要があります。清潔に保てば雑菌が繁殖するのを防げますし、臭いのもとを断ち切ることもできます。夏場など、汗をかきやすい、なんとなくムレが気になるという場合は、シャワーを使ってデリケートゾーンだけ洗う方もいるみたいですね。洗いすぎは逆に良くないんじゃないの? と気になりますが、確かに洗いすぎると摩擦によってダメージを与えてしまう可能性があります。だからこそ、デリケートゾーン専用の石鹸を使う必要があるんですね。

◆膣内を石鹸で洗うのはNGって知ってましたか?

ただし、膣内を石鹸で洗うことはNGと言われています。心配性の方や潔癖症の方ほど気になって洗いたくなるかもしれませんが、いくらデリケートゾーン専用の石鹸を使ったとしても膣内はNGなんです。元々膣内には自浄作用があります。石鹸を使わなくてもだいじょうぶなんです。石鹸を使って膣内を洗うと、その自浄作用の働きをなくしてしまうのです。かえって女性器を危険な状態に晒してしまうのです。細菌性膣炎を患ってしまう可能性があるので、膣内を石鹸で洗うことは絶対にやめましょう。

◆女性器の正しい洗い方をご紹介

まずはデリケートゾーン専用の石鹸と泡立てネットを用意します。たっぷり泡立てて、泡で洗うという感覚で汚れを落としていきます。ゴシゴシ力任せで洗うと傷が付いてしまうので、優しく洗いましょう。もちろん、汚れをしっかり落とすことが目的なので、シワの間やクリトリスを覆っている皮の中なども丁寧に洗ってくださいね。そしてしっかりその泡をシャワーで洗い流します。ツメが伸びていると引っかいてしまう可能性があるので、できればツメは短く切って清潔に保っておくことをオススメします。くれぐれもナイロンタオルやスポンジでゴシゴシ洗わないでくださいね。

いかがでしたか? よかれと思ってやっていたことがまったくの逆だったと驚いている方も多いのではないでしょうか。臭いが出るのは洗い足りないから、だからゴシゴシ洗っていたという女性がいたなら、今すぐデリケートゾーン専用の石鹸を買ってくださいね。おそらくすぐに効果を体感できるはずです。