女性器への挿入は退屈?ペニスが感じる膣の感度

ピストン運動はセックスにおけるクライマックスであり、快楽は最高潮に達するとされていますが本当でしょうか。確かに男性は射精に向かって本能のままに激しく動き、いった瞬間は言いようのない満足感で一杯になりますが、だからといって挿入している間ずっと気持良いとは限りません。「オーラルセックスの方が良い」という感想も珍しくないそうで、実際に入れることが特別快感なのかは疑問が残ります。どうやら膣にペニスを入れることに関しての本音はどうなのか、調べる必要がありそうです。

◆快感は一瞬で終わる?

女性は身体が開発されれば連続でオーガズムを感じることも出来ますが、男性はいくら敏感に感じられるようになったとしても、いき続けることは出来ません。挿入時の気持ち良さは射精する瞬間の10分の一にも満たないもので、人によっては退屈さえ感じるそうです。

さらに男性は相手が気持ち良くなれるまで勃起を持続させないといけないと責任を感じる上、彼女の興奮を高めるために膣以外の部分にも気を配らなければなりません。ですので、女性が思うよりもセックス中の男性は快感に浸っておらず、結果として挿入に大した気持ち良さを感じられないそうです。

◆女性器で本当に感じるためには?

以上の理由から、フェラチオをはじめとしたオーラルセックスの方が感じられるから良いという男性も多く、女性器に対して多くを望まくなる傾向にあります。挿入に対して前向きでない彼らの気持ちを直すには、快感を感じられるよう女の人が性器を訓練すると良いでしょう。

具体的には膣の筋肉を鍛えることで意識して締められるようにする、十分に愛液で濡らし、吸い付くように中を動かすなどすると、男根は挿入中も充分に快楽を得られます。それでも入れた時の快感が薄いという場合はバイアグラを使い勃起時間を長くするのも一つの手です。持続力が上がりますので、女性が上手く膣を締められなくてもじっくりと時間をかけて気持ちよくなれるでしょう。

女性器は神秘的なものであり男性にとっての憧れですが、実際の挿入は思った程快感がなく、彼女と一緒に興奮出来ず戸惑う男性も多いでしょう。しかし、独りで悩んでいても解決は難しいので、素敵なセックスライフを送るためにはパートナーと相談することが大切です。女性は相手が気持ちよくなれるよう膣をトレーニングし、男性はバイアグラなどを用いてペニスに刺激を与える時間を引き延ばすと良いでしょう。セックスとは片方だけでなく、二人一緒に気持ちよくなってこそのものだということを忘れてはなりません。