新事実発覚!黒い性器でも清純

「何度もセックスをしていると女性器は黒ずむ」と昔から良く言われますが、実は大きな間違いです。実は性体験と性器の色には全く関連性がなく、黒いかどうかは生まれついての体質的なものが大きいそうです。にも関わらず「ヤリマン」などと心ない言葉をかけられ、綺麗にしようと誤ったケアをしてしまい、結果さらに黒ずんでしまう女性が後を絶ちません。偏見と失敗を失くすためにも女性器の色と正しいケアの仕方について、知っておくと良いでしょう。

◆なぜ女性器は黒い?

人間の身体にはメラニン色素というものがあります。シミの原因になるので美白の天敵のように言われていますが、一方で紫外線から皮膚を守る大切な役割もあるので、一概に悪い物だとは言えません。メラニンは肌の色に影響を及ぼすのですが、実は性器の色をも左右しており、色素が多いと女性器が黒ずんで見えるそうです。

ですので男性経験は全く関係なく、黒い女性は生まれつき濃く、多くの性交を経験していてもピンク色の女性もいます。しかし「黒い=たくさんの男と関係を持っている」というイメージがあまりにも浸透しているので、色に悩み美白を望む女性が少なくありません。さらには「黒いのは汚れているからだ」と決めつけ念入りに洗ってしまう人もいるのですが、逆効果になっています。

◆力を込めると黒ずむ性器

綺麗に擦ると黒ずむのは、刺激が強いと「デリケートな肌を守らないと」と身体に信号が送られ、メラニンをたくさん作ろうとするからだそうです。同じ理由で、下半身を締め付ける服や行き過ぎた陰毛処理なども黒くなる原因となりかねません。自分でのケアはかえって色を濃くする結果になりかねないので、美白をする場合はクリニックでの治療がお勧めです。

ただ、一番良いのは色の濃さは男性遍歴とは関係がないということを男性が理解してあげること、そして女性は気にしないことでしょう。誰に見られる場所でもないのですから、彼氏彼女の間で理解があれば特に問題はないでしょう。

女性器が黒いかどうかは個性のようなものであり、男性経験とは全く無関係です。ヒダの色が濃くても締まりの良い女性はたくさんいますし、綺麗なピンクだからといって清純な訳でもありません。気にして清潔にしようと頑張るほど黒ずんでしまう可能性もあるので、むしろ黒い女性は清潔好きという見方も出来るでしょう。とにかく、色は重要視するものではありません。男性は濃い色は女性器に色っぽさを与えていると前向きに捉えるようにし、女は恥ずかしいことではないと考えるようにしましょう。大事なのは色ではなく、互いを信頼し、愛しているかどうかなのですから。