尿道口や膣前庭ってどこのこと?

女性一人ひとり感じる部位は様々なので、男性側が女性器に関する知識が備わっていると、セックスそのものがさらに充実したものになっていくことでしょう。女性器の尿道口は膣前庭について、解説していくことにします。

尿道口って性感帯になるの?

女性器すべてが性感帯なのかどうか、男性なら気になるところですね。女性器の尿道口というのは、尿道が乾燥しないためにあると言われています。男性器と比べるとすぐに分かりますが、女性の場合は尿道がとても短く、これが理由でバイキンが入りやすい状態となっています。乾燥だけでなく、バイキンの侵入を防ぐ役割も果たしているのが尿道口なのです。例えば、膀胱炎という病気は、膀胱にバイキンが何らかの理由で入り込んでしまうことで起こる病気ですが、男性に比べると圧倒的に女性に多いことからも、男性と女性の体の仕組みの違いが分かりますね。

さて、尿道口は性感帯なのかという話ですが、男性も女性も人それぞれ感じやすい部分に違いがあるように、すべての女性が尿道口が感じやすいというわけではないようです。ただし、敏感な部分であることに違いはないので、自分は性感帯ではないと思っている女性の中にも、男性が開拓することで「実は性感帯だった」ということもありえます。パートナーと一緒に性感帯を開拓していくセックスも、一風変わったプレイで楽しいと感じる女性もいるようですよ。

膣前庭ってどこのこと?

聞き馴染みのない言葉に頭の中がハテナマークでいっぱいの男性も多いかもしれませんね。膣前庭というのは、普段は小陰唇で守られている部分です。おそらく「ここが膣前庭と呼ばれている部分なのか!」と、見たことがある部位なのに名前は知らなかったという驚きがあることでしょう。色はピンク色で、小陰唇を優しく左右に開いたときに見える三角形の部分です。見た目でも分かるように、非常にデリケートな部分です。乾いた手や指で弄ってしまうと、その摩擦によってすぐに傷ついてしまいます。それが原因でバイキンによる炎症が起きる可能性がありますので、女性器が十分濡れている場合でも、指や手による刺激は避けることをお勧めします。唇や舌を使って愛撫すれば、傷つく恐れを回避できます。

クリトリスや尿道口がある部位であるため、女性にとってデリケートゾーンでありながら感じやすい部位であることは間違いありません。力任せに強引に弄ることは絶対にNGですが、時間をかけて愛撫していくことで女性の気持ちは徐々に興奮状態に陥ります。男性側は焦る気持ちを落ち着かせ、じっくり時間をかけて愛してあげてください。

男性自身も実はその人によって感じる部位が色々あるんですよね。女性も同じで、似たような形をしていながら感じる部分は違う、これは当たり前のことなんです。男性と体の仕組みが違うため、思っているより女性器はデリケートです。女性器の仕組みを知れば、女性の体はもちろんのこと、心を傷つけることもありません。パートナーとの満足できるセックスライフを送るなら、尿道口や膣前庭について知っておくことは、ひとつのマナーになるのではないでしょうか。女性を大切に思うからこそ身についていく知識なのかもしれませんね。

Copyright© 未知なる女性器への探求!~男も女も知らない豆知識